このページの先頭へ

異なる便秘の種類~カイテキオリゴに効果的な便秘タイプはどれ?

カイテキオリゴと便秘の種類

カイテキオリゴに効果的な便秘タイプ~異なる3種類の便

カイテキオリゴの効果的な便秘のタイプ

 

 

便秘解消効果に特化して腸内環境を綺麗にしてくれる事によって様々な副効果も得る事が可能な【カイテキオリゴ】

 

通常私達が便秘だと言っているとのは”慢性便秘”と呼ばれている種類の分類されており、その中でも3種類の便秘によって異なる改善方法があるのです。

 

その為、便秘タイプによってはカイテキオリゴでは満足出来るような便秘改善が望めない可能性すらあるわけなのです。

 

 

下剤と違い、腸内環境を綺麗にする事に重点を置いている商品ですから基本的にどの便秘タイプともある程度は改善させる傾向にありますがせっかくなら一番効果的な方法で便秘改善していきたいですよね(*‘ω‘ *)

 

 

 

弛緩性便秘について

カイテキオリゴと弛緩性便秘について

 

 

弛緩性便秘とは便秘と分類されている中でも日本人が一番かかりやすい便秘の種類として有名で私達が”便秘”と感じている症状は主に弛緩性便秘と考えて問題ないでしょう。

 

 

  • お腹が便秘でパンパンになる。
  • 便秘時はかなり肌が荒れる。
  • オフィスワークで普段からまともに運動していない。

 

 

などが弛緩性便秘にかかりやすい人の特徴・弛緩性便秘の症状ですが間違いなく以前の私がコレでした!!

 

便秘で下っ腹が出てしまい薄手になる夏場はかなり恥ずかしかった事を未だに覚えています。

 

また弛緩性便秘の特徴として”肌荒れ”があり毒素が体内に溜まっている証拠でもありますね。私の場合は肌質にも変化があり、乾燥肌⇒オイリー肌になるなど顔が一段とテカテカしてしまっていましたね。

 

 

 

 

弛緩性便秘の原因

弛緩性便秘の主原因は”体外に押し出す大腸の動きの低下”が挙げられる事が多いです。

 

人間の大腸はぜん動運動と呼ばれる老廃物を体外に押し出す運動をし、便を排出していますがこのぜん動運動が低下してしまうと、便の排出期間がどんどん遅れてしまう結果になり「今まで2日間程度でうんちが出ていたのになんだか最近出ていないな・・・」と少しずつ遅くなってしまうが食事を取り便が生成されるスピードは前をなんら変わりありません。

 

 

つまり腸のぜん動運動がしっかり機能していないと【どんどん後ろから便が生成されてきているのに前が詰まってしまい結果大腸内で大渋滞】が起こってしまいます。

 

 

便秘時に下っ腹がどんどん出てくる感覚をあなたも経験した事があると思いますが、その元々の原因が詰まった便だったのです。

 

 

またぜん動運動が低下してしまう原因として普段から日常的に運動しておらず体内の老化現象が急速に始まった来ていると考えられます。

 

体内の内側に筋肉量が低下して体内脂肪が増えてしまうと当然ぜん動運動にも悪影響を与えてしまいます。

 

 

便秘にはヨガや軽いマッサージがオススメ!などと言われる所以は体内の内側の筋肉レベルを上げる事によって基礎代謝が上がりぜん動運動を促進される”といった効果が見込まれるからなのです。

 

 

弛緩性便秘の対策

  • 水分不足がちですので1日1,5Lを目安にガブガブ水分を摂取しましょう。
  • 腸のぜん動運動を促進させる為、軽くお腹をマッサージしましょう。
  • ぜん動運動を促進させる為、善玉菌を増やして腸内フローラを整えましょう。

 

 

 

 

痙攣性便秘について

カイテキオリゴと痙攣性便秘について

 

 

痙攣性便秘とは日本人が一番多くなりやすい弛緩性便秘とは全く異なる便秘の種類で【かなり不安定な便秘】との分かりやすい特徴がある便秘の総称を指しています。

 

 

  • 下痢と便秘が交互にやってくる事が多い。
  • ゴロゴロお腹が鳴る事が多い。
  • 水タイプのうんち・うさぎちゃんうんち・硬いうんちなど様々なタイプの便が出る。

 

 

他の便秘タイプと異なり”翌日まで1週間続く便秘だったのに今日の昼から下痢症状が止まらない・・・”などと予測困難な便秘ですのでビジネスマンで痙攣性便秘を発症している方はかなり辛い思いを経験されているかと思います。

 

 

痙攣性便秘の簡単な特徴

腸の運動が激し過ぎる状態

普段から腸に吸収される水分まで排出してしまい結果下痢に似た症状になる。

腸が痙攣している状態

痙攣しているから上手く排出出来なくなり、結果便秘症状になる。

 

 

 

 

痙攣性便秘の原因

痙攣性便秘の主原因として挙げられるのが”日常生活からのストレスによる自律神経の乱れ”です。

 

この神経が乱れてしまうと、私達の体内に様々な不備が生じ結果的に大腸の痙攣に繋がってしまうのです。

 

この現象は何も大腸以外の箇所でも私達が意識していないだけで頻繁に起こっており、昔学校で緊張する場面に出くわした時カラダが硬直したりお腹が痛くなったりしませんでしたか?

 

 

私が極度のあがり症だった事も関係しているかも知れませんが緊迫した場面だと胃がキリキリ痛む・・・なんて話しは割と最近では一般的な話しですよね(^^)

 

この過剰なストレス状態により自律神経が乱れてしまい、副交感神経だけ過剰に反応してしまう事によって痙攣症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

また弛緩性便秘は主に女性が多いのですが、この痙攣性便秘は仕事をバリバリこなすような男性に多い便秘症状ですので旦那さんや彼氏が便秘に悩んでいるのなら軽く症状について聞いてみてあげて下さい★

 

 

※市販の下剤はあなたもご存知の通り、大腸のぜん動運動を半強制的にさせる成分が含まれています。

 

弛緩性便秘や直腸性便秘には一時的ではありますが効果的な下剤も痙攣性便秘症状時には悪化の危険性がかなり高い為即効性の高い下剤は使用しないて下さい。

 

痙攣性便秘の対策

 

  • 水分量を増やす。
  • リラックス効果のある行為を行う。
  • 軽いマッサージ(独学マッサージで大丈夫)
  • 生活習慣の改善。
  • 腸のリラックス効果もあるオリゴ糖を摂取。

 

 

 

 

 

直腸性便秘について

カイテキオリゴと直腸性便秘の原因とその対策

 

このタイプの便秘は通常の便秘とは対処方法が全く異なり、主に欧米人がなりやすい便秘の総称を指しています。

 

通常の便秘タイプであるなら簡単なマッサージやヨガなど刺激を与える事により改善報告に向かうケースが
多いのですが、直腸性の便秘には物理タイプの解消方法は全くと言って良いほど効果がありません。

 

 

  • カチカチうんちが非常に多い。
  • 排便する際に独特の痛みがある。
  • 以前から下剤を日常的に服用していた。

 

 

直腸性便秘は弛緩性便秘みたく下っ腹が出る等は一切なく、外見を見る限りでは全くその方が便秘気味だと分かりません。

 

通常の便秘は大腸内に留まっている事が多いのですが直腸性便秘とはその名前通り、排便される寸前の直腸で止まってしまう便秘。

 

直腸性便秘の排便の際はかなりの苦痛を伴うようで、肛門が切れて出血するのが毎度のパターン・・・なんて方も普通にいます。

 

 

また直腸性便秘は慢性化しやすく他の便秘よりかなり厄介な種類として有名。直腸付近に長時間貯まり腐敗する為、二次被害が非常に多く直腸性便秘から◯◯病気に発展した”等の話しもよく聞くため出来る限り早い対処が必要。

 

なにより他の便秘よりも苦しいらしいので本人が一番良くわかっていると思いますが・・・

 

 

 

直腸性便秘の原因・対策

直腸性便秘の原因は主に便を我慢し続けた事で発症してしまう可能性が高いそう。

 

排便を司る神経が鈍ってしまい直腸の感覚神経が鈍った結果、正常に作動しなくなった等の原因があるようですが、正確にはまだ判明していない事も多いようです。

 

対策として生活習慣の改善が一番効果的ですが、気になる場合は専門的な病院に診てもらうなど自分だけで治療しない方が先決。

 

 

直腸性便秘のようなかなりしつこく特殊な便秘は”宿便”と呼ばれる滞留便のとしての出し方の方が効果的な場合が多いですね((o(´∀`)o)

 

外部サイトの宿便の出し方を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

まとめ

弛緩性便秘や痙攣性便秘は生活習慣の改善やカイテキオリゴのような腸内環境改善が可能な商品を飲む事が解消出来ますが、直腸性便秘とカイテキオリゴとの相性は良くありません。

 

 

 

カイテキオリゴとの相性

弛緩性便秘

痙攣性便秘

直腸性便秘

 

『カイテキオリゴ』